12月4日(日)福島市保健福祉センターにおいて、毎年恒例のクリスマス会を開催しました。

会員さんは子ども18名、大人20名の参加があり、子どもの年齢はなんと0才~20才!お母さん達は子どもの年齢差を超えて和やかに交流しました。今回はお父さん方の参加もいただき、改めてNファミリーを支えるお父さんパワーの大きさを感じることができました。クリスマス会の主役である子ども達は、元気いっぱいかわいらしい姿をたくさんみせてくれました。

医療スタッフの皆さまにもお忙しい中、クリスマス会を盛り上げていただきました。福島県立医大NICUの郷先生、看護師の石川さん、吾妻さん、菅野さん、星総合病院小児科の増山先生、そしてNICUや産科病棟で長年勤務され、ご退職された今もNくらぶを応援してくださっている半澤さんにご参加いただきました。いつもNファミリーを支えていただきまして、ありがとうございます。

最初は、クリスマスの定番メニューとなった「Nくらぶ特製カレーライス」をみんなでおいしくいただきました。これが子どもも大人も大好きで、食の細いNっ子ちゃんもぺろりと食べ、おかわりする子も…300g台で生まれ、小さい時は食べることが難しかったNっ子ちゃんも小学1年生になり、上手においしそうに食べる姿に感動しました。がんばったね!(みんな、来年も食べようね!)

午後は「和紙のクリスマスツリー」と「画用紙と紙コップで作るツリー」を親子で楽しく作りました。和紙を上手にちぎり、ペタペタとすきまなく上手に貼り、ほとんど一人で作ったお友達もいました。紙コップのツリーは、県立医大NICUの看護師さん達が作り方を教えてくださって、画用紙や紙コップに上手に切り込みを入れて、立体的なツリーにかわいらしく飾りをつけ、オリジナルツリーが完成しました。

 👈「和紙のクリスマスツリー」

img_2077 👈「画用紙と紙コップのツリー」

ツリー作りの後、みんなで「あわてんぼうのサンタクロース」を歌っていると…たくさんのサンタさんがやってきて、子どもたちは大喜び!!恒例のサンタさんへの質問タイムとなりました。「どうやってきたの?」→「今日は雪降っていないからそりは置いてきたよ」→「じゃあ、何で来たの?」→「○✖△■~~???」…サンタさんもタジタジでした(笑)

サンタさんとの記念写真撮影後は、自己紹介をしながら近況や悩み、嬉しい成長などについて語り合いました。1年前は入院中だった双子ちゃんも、今年はパパとママと一緒に参加できました。入院中の成長記録ノートや退院記念におばあちゃんが手作りされた素敵なお洋服も見せてくださいました。一年前を思うと、感慨深い思いでした。また、お母さんが手術後にもかかわらず、参加くださったり、もう一人のお子さんが入院中で大変な中遠方から参加いただいた会員さんもいらっしゃいました。久しぶりに元気なお顔を見せてくれたNファミリーにもお会いできてとても嬉しく感じました。ミーティングの度にNっ子ちゃんやきょうだいちゃんの成長が感じられ、ブログ管理人もパワーをもらえます。交流タイムはあっという間に時間が経ち、名残惜しいくらいでした。

今年もあと少しですが、みなさんのもとに、すてきなサンタさんがやってきますように…そして来年はよい年になりますよう、お祈り申し上げます。次回は、ひな祭りミーティングです。今回参加できなかった会員さんも是非お顔をみせてくださいね!お待ちしています!

%e7%86%8a%e5%9d%82%e3%81%95%e3%82%93%e3%83%99%e3%83%93%e3%83%bc%e6%9c%8d 👈おばあちゃん手作り、双子ちゃんの退院記念ベビー服!素敵ですね!

%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f 👈サンタさんとはいチーズ!にっこり!

※最後にみなさん、ブログ掲載が遅くなり、申し訳ございませんでした。学期末、そして勤務先の学習発表会が今年はこの時期でして…平日の帰宅が遅く、お許しくださいませ。