6月6日(日)、福島市働く婦人の家で会報誌「るび」Vol.85発行作業、6月定例運営員会を行いました。今回の「るび」は、Nっ子の入学、卒業、就職という近況報告がメインになっています。新型コロナの問題がなければ会員さんにもお手伝いいただき、おしゃべり会も兼ねて実施できたと思うと寂しいですが、このようなご時世で会場の使用も人数制限があり、残念ですね…当日は6名の運営委員が集まり、Kさんが印刷をしてくださった原稿を帳合し、ホチキスで止め、製本テープを貼るという、一連の作業を行いました。会報誌「るび」は、第1号から運営委員の手作業でお届けしています。いつも印刷を担当してくださっているKさん、ありがとうございます。作業をしていただいた運営委員さん、お疲れさまでした。手作りの発行作業の様子を今後ご紹介できればと思います。

会報誌「るび」発行作業の後、6月定例運営委員会を行いました。コロナ禍でミーティングができない中、会員さん一人一人の思いに寄り添う活動ができるよう、以前記入頂いた「会員さんプロフィール」を運営委員で改めて共有させていただき、オンラインミーティングの準備等について話し合いを行いました。昨年は緊急事態宣言が発令され、運営委員も思うように集まることができない時期があり、会報誌「るび」の発行を中心に活動させていただきましたが、今年度も感染状況を見極めながら、会報発行をはじめ、会員さんの思いに応えていけるよう、運営委員で協力していきたいと思います。皆さんのご意見もいただければ幸いです!

 一日も早い新型コロナの収束を願うばかりですね!今週は暑くなりそうなので、熱中症に気をつけてお過ごしください。

今回お届けする会報誌「るび」Vol.85